うさぎのきもち【RABBIT'S LIFE】

うさぎの基礎知識から飼育方法やしつけの仕方、健康管理や病気についての知識などのうさ飼いが知っておくべきあらゆる情報を発信する【うさ飼い専用メディア うさぎのきもち】です。当サイトでは、「ペットとの生活をより楽しく、より豊かにする」をテーマに、うさぎの飼い主に役立つ情報をわかりやすくご紹介しています。

【うさぎと人間の年齢比較・換算表付き】成長過程別の特徴と平均寿命について

【うさぎと人間の年齢比較・換算表付き】成長過程別の特徴と平均寿命について

うさぎの年齢を人間の年齢に換算すると何歳なのか?を考えたことはありますか?また、うさぎの成長過程(成長期▷維持期▷中年期▷高齢期)における特徴と平均寿命はご存知ですか?

今回の記事では、上記のようなうさぎの年齢に関する素朴な疑問についてお答えしていきます。

うさぎの年齢を人間の年齢に換算すると何歳なのか?

うさぎの年齢を人間で考えると何歳になるのでしょうか?

この疑問に答えるために、わかりやすく「うさぎと人間の年齢早見表」を作成してみました。 (画像をクリックすると、「うさぎと人間の年齢早見表」の拡大画像を保存できるようになっています。)

うさぎと人間の年齢比較・換算するための年齢早見表

うさぎと人間の年齢比較・換算するための年齢早見表

うさぎは1年で人間の成人に相当するほどのペースで、一気に成長します。また7歳以上の年齢では人間における定年を迎えるくらいの年齢となります。

うさぎが1歳分の年齢を重ねると、おおよそ人間の年齢換算で5〜6歳の年齢を重ねていることになります。なかなか想像しづらいかもしれませんが、自分が6年で得た経験をうさぎは1年で体験してみると思うだけでも、うさぎに対する愛情の注ぎ方がより一層高まるのではないでしょうか?

また、いわゆるご長寿と言われるうさぎは、10歳(=人間の年齢76歳)となります。飼育方法が正しければ、14歳程度までは長生きしてもらうことも、事実少なくはありません。

うさぎの年齢と成長過程における特徴とは?

うさぎの成長過程は大きく分けて、

  • 成長期(0歳〜1歳まで)
  • 維持期(1歳〜5歳まで)
  • 中年期(5歳〜7歳まで)
  • 高齢期(7歳以上)

となります。

うさぎをうさぎ専門店やペットショップから購入できるのは、生後2ヶ月以降の成長期の子供です。

ご自身で飼育されているうさぎさんは、いま何歳でしょうか?
少し考えてみるとワクワクしませんか?

成長過程の特徴|成長期(0歳〜1歳まで)

うさぎの成長の中で、もっとも大きな変化を迎える時期です。成長期のうさぎは、人間と同じように、自我が芽生え、周囲に対する自分の優位性を示そうとするマウンティング行為やおしっこや顎スリによる縄張り主張のマーキング行為が増えたりします。つまり、人間によるところの思春期や反抗期を迎えている状態です。

うさぎの心と体が大人になる上で、大きく成長しようとしている期間となりますので、決して甘やかしたりはせず、良い事をしたら褒める・悪い事をしたら叱るといったしつけを行うようにしましょう。うさぎのしつけ方法は過去の記事でご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

成長過程の特徴|維持期(1歳〜5歳まで)

維持期のうさぎは、体も心もしっかりとした大人に成長しています。飼い主以外の人間にも慣れを示し、好奇心旺盛で部屋の中を自由に飛び回るようになります。精神的にも落ち着くことが多く、思春期のマウンティング行為・マーキング行為が少なくなります。

成長過程の特徴|中年期(5歳〜7歳まで)

中年期のうさぎは、普段の運動量が徐々に減っていきます。体の代謝も低下してきますので、高カロリー・高タンパクの餌を避ける必要がありますので、牧草・チモシー、ペレットの種類の見直しが必要です。加齢による嗜好の変化もあるため、うさぎがこれまで好きだった餌も変わる可能性があります。

成長過程の特徴|高齢期(7歳以上)

7歳以上のうさぎは人間における年齢58歳、10歳以上のうさぎは人間における年齢76歳となります。人間にとってのおじいちゃん・おばあちゃんに相当する年齢です。

筋力の低下が原因で、ちょっとした段差を登ることができなくなってしまったり、ウォーターボトルの給水口からの水分補給が困難になってしまうなどの変化がみられるようになります。

また筋力の低下と同時に運動量が中年期よりもさらに少なくなってしまうため、体に脂肪が付きやすくなります。

うさぎの平均寿命はどのくらい?

うさぎの平均寿命は約8歳です。うさぎの8歳は人間に例えると約64歳にあたります。飼育方法に関する正しい知識が広まってきたおかげて、うさぎの平均寿命も年々伸びてきていますが、正直なところまだまだ知識不足のままで飼育も行なっている飼い主も存在しているような状況です。

例えば、うさぎが好むおやつや生野菜・果物を与えることが日常的な状態となってしまっている家庭があったり...など、気付かずに間違った飼育方法を実践してしまっているご家庭があるのも事実です。

なので!当ブログでは正しいうさぎの飼育方法を広められるように頑張ります!!

まとめ

うさぎだけでなく、ペットは人間よりも早く歳を重ね、生涯を終えます。
家族として大切に見守ることは当然ですが、できるだけ多くの思い出を一緒に作れるように、飼い主が健康を気遣ったり、一緒に過ごす時間を大切にし、愛情を注いであげるようにしてあげましょう。

▼「うさぎのきもち」の応援クリックをお願いします!▼

にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ情報へ