うさぎのきもち【RABBIT'S LIFE】

うさぎの基礎知識から飼育方法やしつけの仕方、健康管理や病気についての知識などのうさ飼いが知っておくべきあらゆる情報を発信する【うさ飼い専用メディア うさぎのきもち】です。当サイトでは、「ペットとの生活をより楽しく、より豊かにする」をテーマに、うさぎの飼い主に役立つ情報をわかりやすくご紹介しています。

うさぎの魅力とは?うさぎがペットとして注目される理由

f:id:DoNbeh_G:20181221141818p:plain

あと数日もすれば2018年も終わりです。年明けから3月末にかけて、就職・転勤などのライフイベントで引っ越しをするという方が増えてくるシーズンだと思います。生活環境が変わった時には、何か新しいことに挑戦したくなったりすることものですが、実はペットの需要が高まる時期も引っ越しと重なる1月から3月末にかけて高まる傾向があります。

犬や猫はペットとして不動の人気を誇る動物ですが、今回はその犬猫に続いて人気があるうさぎにフォーカスして、うさぎの魅力をご紹介していきたいと思います。

ちなみにうさぎは、うさぎ年が来るたびにブームが起きるそうです。詳細はこちらの記事をご確認ください。

うさぎの魅力とは?

うさぎがペットとして注目される理由には、どんなものがあるのでしょうか。うさぎを飼ったことがない方にもわかるように、噛み砕いてご説明していきたいと思います。うさぎの魅力ってなに?という方は必見です。

うさぎの魅力1|そもそも見た目が愛らしい

長い耳に、モフモフの毛並み、クリっとした瞳と丸いしっぽなどなど、うさぎの最大の魅力はその見た目の愛らしさです。
また自分でグルーミングをしたり、リラックスしているときには倒れるように横たわったり、かまってほしい時には鼻でツンツンしてきたり、いつまで続くのかと思うほどに頭ナデナデをせがんできたりする仕草も、飼い主が愛らしさを感じる瞬間だと思います。

うさぎの魅力2|うさぎはキレイ好きで臭くない

実はうさぎはキレイ好きな動物であることを知っていますか?
ペットによくある臭いの原因は、普段食べている食事の影響を強く受けており、口臭・体臭・排泄物の臭いの原因となります。
ただし、うさぎの場合には、主食が牧草となりますので、出てくるフン自体あほとんど牧草でできています。おしっこは多少臭いますが(ほんのり甘い香りがします)、そもそもキレイ好きでもありますので、トイレをしっかり覚えてくれます(トイレのしつけ方法はこちら)。そのため、フンやおしっこの臭いが部屋中に拡散するということはありません。
毛並みのグルーミング(お手入れ)は、かなり入念に行うため、体毛から臭いが発生することもありません。うさぎの体に鼻を埋めても、牧草の優しい香りしかしないと思います。

うさぎの魅力3|感情表現が豊か

うさぎは警戒心が強く、懐くまでに時間がかかります。しかし、一度信頼関係が構築され、飼い主に懐くようになると、まるで子供のように甘えてくるようになります。
また愛情が豊かな動物でもあり、飼い主に遊んでほしい時には足元について回ったり、楽しいときには首をブルっとさせながらひねりジャンプをしたり、興味があると丸い大きな目を見開いてキラキラさせたりと、積極的に感情表現をしてくれます。

うさぎの感情表現については、以下をご参照ください。

うさぎの魅力4|お留守番ができる

うさぎは「寂しいと死んでしまうと死んでしまう」という話がありますが、これは科学的根拠が伴わない嘘です。うさぎは元々群れを作って生活する動物ではありませんので、飼い主が仕事をしている日中の時間帯にお留守番をする程度であれば、何も問題ありません。
本来、うさぎは薄明簿暮(はくめいはくぼせい)と呼ばれる性質を持ち、明け方や夕方などの時間帯に行動が活発になる動物です。そのため、飼い主のいない日中は、自分のペースでのんびりと過ごしていることが多いです。縄張り意識も強い習性がありますので、むしろうさぎのみで過ごす時間も必要です。

うさぎの魅力5|騒音トラブルを気にしなくていい

うさぎは吠えたり、鳴いたりすることがないので、マンションなどの集合住宅や一人暮らしの場合にも、近所に迷惑をかけることがありません。そのような理由から、例えペット飼育が不可である賃貸物件であっても、例外的に飼育許可をもらえることがあります。

うさぎの魅力6|うさぎは名前を覚える

うさぎは知性が高く、人間で例えると1歳児程度の知能を持つといわれています。そのため、うさぎに自分の名前を覚えさせたり、簡単な言葉であれば、理解することができるようになります。

うさぎの魅力7|他のペットに比べてもお世話が簡単

決して、うさぎの飼育が簡単です!と言いたいわけではないのですが、お散歩やトイレ、餌にかかるお世話の手間が比較的にかからないという特徴があります。
まず、うさぎに運動は必要ですが、外での散歩は不要です。室内で20〜30分程度の運動をさせれば問題ありません。
またトイレはすぐに覚えることができる上に、小動物であるためにそもそもの排泄量が少ないです。
餌は朝と夜に1日2回、規則的に与えれば問題ありません。

まとめ

うさぎの魅力をまとめてお伝えしましたが、いかがでしたか?
うさぎは確かに犬や猫に次いで注目を集めるペットになりつつありますが、まだまだメジャーとは言えません。ですが、間違いなく魅力的な動物でもあります。
本メディアでは、少しでもうさぎが好きな人が増えるようにと努力を続けます。もしよろしければ、応援をいただけると嬉しいです。

▼「うさぎのきもち」の応援クリックをお願いします!▼

にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ情報へ