うさぎのきもち【RABBIT'S LIFE】

うさぎの基礎知識から飼育方法やしつけの仕方、健康管理や病気についての知識などのうさ飼いが知っておくべきあらゆる情報を発信する【うさ飼い専用メディア うさぎのきもち】です。当サイトでは、「ペットとの生活をより楽しく、より豊かにする」をテーマに、うさぎの飼い主に役立つ情報をわかりやすくご紹介しています。

鳴き声・鳴き方でわかる!うさぎの感情と気持ちとは?

鳴き声・鳴き方でわかる!うさぎの感情と気持ちとは?

うさぎを飼ったことがない方には「えっ?」と思われてしまうかもしれませんが、うさぎは鳴き声や鳴き方で感情を表現することがあります。

うさぎは動物の中でも犬と猫と同じくらいの知能を持つと言われており、喜怒哀楽の感情が実に豊かです。

そこで今回は、うさぎの鳴き声・鳴き方から理解する「うさぎの気持ちと感情」について考えていきましょう。

声帯はないのにうさぎは鳴く

うさぎには声帯が一切ありません。草食動物であるうさぎにとって、声によるコミュニケーションは肉食動物から狙われるリスクを伴うために、進化の過程で声帯自体が退化していったものと考えられています。

そして、この「うさぎが鳴く」という行為は、正確には声帯から発声された鳴き声ではなく、鼻を鳴らしたり、食道を狭めて鳴らす「音」です。うさぎはこの鳴き声や鳴き方を微妙に変化させることで、飼い主に自分の感情や気持ちを一生懸命に伝えようとしてくれているのです。

嬉しい時には「プゥプゥ」、怒った時には「ブーブー」と鳴き声を上げますが、鳴く行為自体には個体差があります。また鳴く行為自体も感情が高まった時に特に多くなる傾向があります。

それでは、うさぎはどんな鳴き声・鳴き方でどのような感情表現をするのでしょうか?

鳴き声・鳴き方でわかる感情表現とは?

嬉しい時・甘えたい時

  • プゥプゥ、プープー
  • プップッ

「プゥプゥ」「プープー」といった鳴き声は飼い主にとって最も嬉しいものです。嬉しい時・甘えた時には、基本的に高い音の「プ」が入りますので、覚えておくと良いでしょう。「プップッ」というのは鳴き方のイメージです。音の出し方にも個体差があり、飼い主によっても聞こえ方が異なるために、このように複数の表現となっています。

また「プ」の入る鳴き声を良く発するタイミングは、うさぎがおやつを貰えると感じた時や撫でて貰えると思った時、ゲージの外に出てはしゃいでいる時です。まだうさぎの鳴き声を聞いた事がないという飼い主の方は、このタイミングで耳を澄ましてみてください。前述の通り、うさぎの鳴き声・鳴き方にも個体差がありますので、まずは自分の飼っているうさぎがどんな音を出しているのかを知っておくことが気持ちを理解する上で大切になります。

リラックスしている時

  • プゥプゥ、プープー
  • クゥクゥ、クークー

うさぎがリラックスしている時には、嬉しい時・甘えたい時と似た鳴き声・鳴き方をします。少し違いがあるとすれば、「クゥクゥ」「クークー」といった鳴き声を出すこと、一音が間延びしているように聞こえることです。

これらの鳴き声は基本的に飼い主が関与していない状態の時に出していることが多いので、リラックスしているからといって、急に近寄ったり、撫でたりしないようにしましょう。うさぎはとても臆病な性格のために、いくら心を許している飼い主だからといっても、このような行為でビックリさせてしまいます。人もリラックス中に話しかけられたり、ちょっかいを出されると少し嫌な気持ちになりますよね。うさぎも同じことを感じています。リラックスしている時には、そっとしておくことも良い関係を維持する上で重要です。

怒っている時・不満がある時

  • ブー
  • ブーブー
  • ブッブッ
  • ンー

うさぎが怒っている時・不満がある時には、大きく低い音で「ブーッ」「ブーブー」「ブッブッ」「ンー」とブーイングのような鳴き声を上げます。「ブッブッ」は鳴き方のイメージです。「ブ」の音を聞いたら、「何か嫌な思いをしている」と思ってあげるようにしましょう。

このような鳴き声は必要以上に構ったり、生活スペースを荒らされたと感じた時に出すことが多いです。またうさぎによっては、まるで人間のようにふくれっ面になったり、発情期の影響で警戒心が強くなって(特にオスの場合)、このような鳴き声・鳴き方をすることがあります。

基本的には、うさぎがストレスを感じている時に出す音になりますので、飼い主はその原因を取り除いてあげるように努力すべきです。

怖い時・苦しい時・痛い時

  • キー
  • キューキュー
  • キュッキュッ

うさぎが怖い時・苦しい時・痛い時には、高い声で「キー」「キューキュー」と鳴き声を上げます。「キュッキュッ」というのは鳴き方のイメージです。「キ」の音を聞いたら「何か辛い思いをしている」と思ってあげるようにしてあげましょう。このような鳴き声・鳴き方は抱っこや抱っこが必須となる爪切りの際に出すことが多いです。うさぎのために...という理由で致し方ないこともありますが、基本的には身の危険を感じるような場面で上げる鳴き声です。このような鳴き声・鳴き方をした場合には、細心の注意を払うようにしてください。

また飼い主が何もしていない場合にこのような鳴き声を上げる時には、何か重大な怪我や病気を抱えていることが懸念されますので、十分に注意するようにしましょう。草食動物のうさぎは、例え体調不良だとしても、周囲にはその状態を隠す傾向があります。ちょっとした変化であっても見逃さないようにすることが飼い主としての責任です。

感情表現はしぐさと一緒に考える

うさぎが鳴き声を出せる動物だからといって、それにばかり頼ってはいけません。うさぎが鳴くという行為は、感情が高ぶった時に限定されます。そして、うさぎが何かを求める時には、必ず鳴き声以外の動きやしぐさ、場合によっては体で発する音を使って気持ち・感情表現をします。

飼い主は鳴き声を含めたそれらの行為全般をうさぎの感情表現として捉えてあげることが、より良い関係を構築する上で最重要と言えるでしょう。例えば、うさぎが撫でて欲しい時には前かがみになったり、手を鼻で突っついてきたりしますし、怒ったり嫌な事があった時には、まず足ダン(足でダンッと地面を蹴る行為)をして、感情を表現してくれます。決して鳴き声だけに頼らず、うさぎのしぐさや行動からも感情を読み取るように努力するようにすることが大切です。