うさぎのきもち【RABBIT'S LIFE】

うさぎの基礎知識から飼育方法やしつけの仕方、健康管理や病気についての知識などのうさ飼いが知っておくべきあらゆる情報を発信する【うさ飼い専用メディア うさぎのきもち】です。当サイトでは、「ペットとの生活をより楽しく、より豊かにする」をテーマに、うさぎの飼い主に役立つ情報をわかりやすくご紹介しています。

【Vol.3】うさ飼いさんにインタビューしてみました!(@0405_axelaさんと風花ちゃんと凛音愛ちゃん編)

f:id:DoNbeh_G:20181208170422p:plain

 【vol.3】うさ飼いさんにインタビューをしてみました!

今回は、ふうりのちゃんのママ(@0405_axela)さんにうさ飼いとしてインタビューをさせていただきました。ちなみにこちらがパートナーの右:風花(ふうか)ちゃんと左:凛音愛(りのあ)ちゃんです!

風花(ふうか)ちゃんと凛音愛(りのあ)ちゃん

Q1|うさぎさんを飼うことになったきっかけを教えてください

それではさっそくお話をお伺いしてみましょう!

元々動物が大好きで実家ではワンちゃんを飼ってたのですが、最初の子をお迎えした時はマンション住まいで犬猫NG。
うさぎさんならギリギリOKという内容でペットショップとかで探してたんですがなかなかこの子!という子には巡り会えず。
たまたま見た地域のフリーペーパーの里親募集記事にうさぎさんが!
とりあえず連絡を付けて見てみに行って見る事に。
3羽いた赤ちゃんうさぎさん、その中で一番人懐こく元気な子をそのままお迎えする事になりました。

次の子はふらーっと立ち寄ったペットショップで主人も私も一目惚れして衝動的にwww

三番目は最初の子が亡くなって落ち込んでる時に主人が気晴らしにペットショップでも見に行く?と見に行ってみたら、最初の子にそっくりな子を発見。
運命を感じその子が生後2ヶ月になるのを待ってお迎えしました。

3羽も飼われていたんですね!羨ましい...!!
風花ちゃんと凛音愛ちゃんとの出会いはどのようなものだったのでしょうか?

今の風花ちゃんは上の子達が亡くなり、ちょうど葬儀に行った際、そこのペット葬祭の社長さんがうさぎさんの里親を探してる人がいる、あなたなら安心して任せてられるから見てみるだけでも?と言われて、もう飼う気はなかったんですが、見てしまったら、元気に走り回ったり、すり寄って来てくれたり、その仕草にやられまして、お迎えする事になりました。

凛音愛(りのあ)ちゃんは風花ちゃんの双子で前の飼い主さんが癌を患い、入院中のお預かりという事で最初はお預りしたのですが、『出来たらそのまま飼ってもらえないか?』と頼まれ、悩みに悩み...というのも2番目の子が亡くなってから多頭飼いはしないって決めてたんです。
一人だけに愛情を注いであげたくて。

でも、風花も凛音愛(りのあ)も血の繋がりのある双子の姉妹。別々にするのは可哀想。
いつも平等に愛情を注ぐと決め、主人とも良く相談し、お預かりからそのままお迎えになりました。

ありがとうございます。

Q2|うさぎさんとの生活で楽しい・嬉しいと感じることを教えてください

それでは、風花ちゃんと凛音愛ちゃんとの生活の中で、楽しい・嬉しいと感じることを教えていただけますか?

何をしてても楽しいし、嬉しいです。
けど、名前を呼んで自分の所に来てくれたり、朝いつものように起きて『おはよう』ってゲージに向かうと、うさぎさんも『おはようー出して出してー』ってしてくれたり、仕事行く時は『行っちゃうの?』って後追いされるのが切ないんですが、仕事から帰宅すると『お帰りー』って喜んですり寄って来てくれる。
主人が帰宅する時も主人の車の音が分かるみたいでまだ駐車場まで来てないのにソワソワして『パパまだ?パパまだ?』ってすごい可愛いんですよ。

それと、今の子達はとにかくいたずらっ子でタオルや靴下を咥えて走り回ったり、
その時はもう!って怒るのですが
またやってるーって思うと可愛い過ぎです。
おかげで布類は穴だらけになってますが...www

後は買い物に行ってついついうさぎさんが食べる物を選んでる時に『これ食べてくれるかな?これ喜んでくれるかな?』ってうさぎさんが喜んで食べるのを想像しながら買い物するのも楽しいです。
2ヶ月に一度爪切りついでに健康診断してもらうのですが、その時獣医さんに『問題ないですね!●●ちゃん健康です』って言われるのもうれしい。

逆に季節の変わり目に体調崩した時とか、病院連れて行って、注射して、毎日お薬飲ませて食べられる物を少しでもいいからと食べさせて、やっと形の良いうんちがいっぱい出て、いつものペレットやチモシーを喜んで食べてくれて、徐々に走り回れるようになって、その回復もすごく嬉しいです。
もう、まるで子供と同じです。
何をしてても可愛いし、楽しいし、嬉しいです。
まぁ、さすがに 病気の時は落ち込みますが、元気になる姿がやっぱり嬉しいです。

それと、一番うさぎさんがいて良かったって思えるのはすごく落ち込んだ時ですね、仕事やプライベートで落ち込んでも帰宅して可愛い姿見ると癒されます。

うさぎさんへの愛情を感じるご回答ですね!

Q3|うさぎさんの飼育等で困った・苦労した経験を教えてください

うさぎさんとの生活で困ったり、苦労した経験はありますか?

一番困ったのは3番目に飼った『恵那ちゃん』

恵那ちゃんです↓

恵那ちゃん

4歳の時に突然ローリングを起こし、病院に連れて行くとパスツレラ菌による斜脛でした。
点滴、注射、投薬
昨年の3月から毎週月曜日に通院してました。
ゲージ内は突然のローリングに備えクッションやマットを敷き、おトイレが使えなくなってしまったので毎日3、4回マットを手洗いし何度も取り替えて、おしっこが足に付いてしまうのでベビー用のおしりふきで綺麗にして、獣医さんと相談しながらとにかく色々してました。
うさぎのチカラのサプリメントをあげたり、チモシーにアルファルファを混ぜてみたり、そうしていても9月頃からかな?体重が落ちていったんです。
ペレットが食べれない時は柔らかくして、すりおろしりんごを混ぜて団子にしたり、強制給餌も何度もしました。
恵那ちゃんは元々お野菜が大好きで、ペレットがダメならお野菜でも!とお野菜に切り替えたらモグモグ食べてくれてました。

その頃はほとんど付きっきりでしたね。
主人が帰る時間に私が出勤して主人と交代で恵那ちゃんを見てるような感じでした。

少しずつでも食べてくれるから体重も戻ってきたかな?と思ってたら、まったく戻らず、ネット情報や獣医さんに相談し、あのサプリメントはいい、ビタミンを取るようにした方がいい、ビタミンのサプリメントやキウイをあげるようにしてました。

11月半ば辺りから完全に寝たきりになり足に力も入らず立ち上がる事も少なくなりました。
だんだんとお薬も嫌がるようになってしまい、どうにか飲ませなきゃ!とすりおろしりんごに混ぜてあげたりしてました。

12月に入りまったく良くならず、週に2回病院に連れて行くようになりました。
今でもはっきり覚えてます。
獣医さんに『先生、恵那ちゃん頑張ってもっといっぱい食べて体重戻ってくれば元気になるかな?』っ獣医さんに聞いた所獣医さんは『恵那ちゃんもう充分頑張ってますよ』その時確信しました、もう時間がないんだと...。
毎年クリスマスが大好きでツリーを見ると嬉しそうに見ていました。
クリスマスがもう少しという12月20日『恵那ちゃんおやすみ また明日ね おはようしようね約束だよ』と眠りに付き、翌21日『恵那ちゃんおはよう』と声を掛けるともうほんとにチカラがまったく無い状態で、慌てて主人を起こし、『恵那ちゃん おはよう頑張ったね』と抱っこすると、大きく息を一つしお空に向かいました。
恵那ちゃんの闘病はうさぎさんを今まで飼ってて一番大変で困りもしたし、大変で影で泣いたりもした事です。
でも恵那ちゃんに出逢えて良かったって思います。

恵那ちゃんは献身的な介抱のおかげで最後まで幸せだったんだと、お話をお伺いしていて感じました。

Q4|ご自慢のうさぎさんの可愛い仕草やクセを教えてください。

可愛い仕草やクセについても教えていただけますか?

何でも可愛いですよ。
我が家は今の子達で5羽目ですが上の子達の可愛い仕草今でもはっきり覚えてます。
一番最初の銀星ちゃん♀は主人と私が喧嘩するのが一番嫌がって、喧嘩すると怒るんです『ブッブッ』言いながら足ダンして、その小さいうさぎさんのその仕草見てると喧嘩忘れて笑っちゃってた。

2番目のよつばちゃん♀はあまり甘えてくれない子だったんですが、それでもパパやママが出掛ける時は『行かないで』って後追いしてくれて、3番目の恵那ちゃんと多頭飼いしてたんですがとにかくパパ、ママより恵那ちゃんが大好きで良く恵那ちゃんのゲージにべったりしてました。

3番目の恵那ちゃん我が家唯一の男の子は、とにかく甘えん坊、テレビ見てても膝に乗ってきたり、パパのお腹に乗って遊んだり、上のよつばちゃんとちゅーしたり、すぐに抱っこしてってしたり、もうとにかく我が家一の甘えん坊さんでした。
4、5番目の風花ちゃん&凛音愛(りのあ)ちゃん♀はさすが双子www
何をするにしてもほとんど同じ行動してますwww
寝る時も一緒に寝て、食べる時も、おやつちょーだいってする時も。走り回る姿も一緒。見てて可愛い過ぎて笑えてきますよ ただ、イタズラはやめて欲しいですけどね

思い出がいっぱいですね!
ありがとうございます。

Q5|これからうさぎさんを飼おうとしている方に向けてアドバイスをお願いします

それでは、最後にこれからうさぎさんを飼おうとしている方に向けてアドバイスをお願いできますか?

うさぎさんだけではなく、どんな動物でもお迎えするなら『家族』『子供』と思って大切にお迎えしてください。
家族や子供と思う気持ちがあれば 、自分の子供には間違った育て方しないだろうし、我が家のように闘病、介護するようになってもこの子の為なら!と頑張れると思います。
うさぎさんは3歳の子供と同じくらいの理解力があると言われてます。
ダメな事はダメ!ちゃんと出来たらしっかりほめる。
愛情はちゃんと伝わってます。
感情が無い動物と言われてますが、鳴かなくても表情で分かるようになるんですよ。
うさぎさんの気持ちを良く分かるパパ、ママになって下さいね。
そして、大切なのが病院です。
うさぎさんを診てもらえる動物病院は少ないです。
飼う前に病院を探していざという時に対処できるように準備してからお迎えしてください。

インタビューへのご協力、ありがとうございました!!

おまけ|インタビューに協力してくれたうさぎさん達の写真

f:id:DoNbeh_G:20181208165557j:plain

f:id:DoNbeh_G:20181208165625j:plain

f:id:DoNbeh_G:20181208165639j:plain

f:id:DoNbeh_G:20181208165655j:plain

f:id:DoNbeh_G:20181208165744j:plain

▼その他のインタビュー記事はこちら▼

▼「うさぎのきもち」の応援クリックをお願いします!▼

にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ情報へ