うさぎのきもち【RABBIT'S LIFE】

うさぎの基礎知識から飼育方法やしつけの仕方、健康管理や病気についての知識などのうさ飼いが知っておくべきあらゆる情報を発信する【うさ飼い専用メディア うさぎのきもち】です。当サイトでは、「ペットとの生活をより楽しく、より豊かにする」をテーマに、うさぎの飼い主に役立つ情報をわかりやすくご紹介しています。

【Vol.6】うさ飼いさんにインタビューしてみました!(@milk_gardenさんとシュガーくん/ビターくん/フェイクくん/ロールくん/ワルツちゃん/デイルちゃん編)

f:id:DoNbeh_G:20190106211630p:plain

【vol.6】うさ飼いさんにインタビューをしてみました!

今回は、@milk_gardenさんにうさ飼いとしてインタビューをさせていただきました。ちなみにこちらがパートナーのシュガーくん/ビターくん/フェイクくん/ロールくん/ワルツちゃん/デイルちゃんです!今回ちょっと多い(笑)ので、写真はシュガーくんです。

シュガーくん

Q1|うさぎさんを飼うことになったきっかけを教えてください

それではさっそくお話をお伺いしてみましょう!

子供の頃から実家で犬を飼っており、犬は勿論動物全般が大好きでした。実家を離れ一人暮らしに慣れてきた頃、動物を飼いたいと感じましたが、賃貸と言うことで諦めていました。転勤で地方に引越した際、生活環境の変化もあり、また動物との生活を検討し始めました。賃貸でも飼える動物を探したところ、うさぎさんが候補にあがりました。飼ったことがなく、知識もない為、ネットや本からひたすら情報を集めました。一通り知識を蓄えたあと、1ヶ月間悩んで検討しながら、ペットショップやホームセンターを巡りました。その時出会ったのがミニウサギのシュガー♂でした。少し人見知りで大人しそうなうさぎでゆっくり距離を縮めていこうと思いお迎えしました。(シュガーは生後半年以上経過した青年うさぎだったので子うさぎと違い急死のリスクが低くそうで、長生きしてくれそうな雑種だったのでそれも選んだ理由でした。)

ありがとうございます。初めてのうさぎさんとの共同生活はどうでしたか?

うさぎさんとの共同生活は驚きと感動の連続でした(笑)シュガーはのんびりした性格でとにかくマイペースでした。ひとつひとつの仕草が可愛くて愛おしくて仕方なかったです。シュガーとの生活に慣れて来た頃、もっとうさぎさんのことを知りたく、生活を共にしたくなりました。トイレや餌のお世話は苦にならなかった為、うさぎさんとの生活が合っていると思い多頭飼いを検討し始めました。費用の問題、ケージのスペース確保、うさぎさんとの触れ合う時間を書き出し、整理しました。そこで今度は大人しいシュガーと対照的に人懐こいホーランドロップイヤーのビター♂をホームセンターでお迎えすることに決めました。シュガーとビターはマウンティングはするものの喧嘩はなく、相性は良かったと思います。と、その時は思いました(笑)呼んでも近づきたがらないうさぎさん特有の性格の持ち主のシュガーと違い、ビターは人見知りもなくかまってちゃんでした^ - ^この2羽の違いは自分のうさぎさん好きを加速させました(笑)当初3〜4羽の多頭飼いの予定でしたが、その後ご縁もあり小型でクールなネザーランドドワーフのフェイク♂、活発で走り回るのが大好きなホーランドロップイヤーのロール♂、臆病でツンデレなドワーフホトのワルツ♀、甘え上手で食欲旺盛のミニレッキスのデイル♀4羽のうさぎさんが家族になりました(笑)

6羽も飼育されているとは・・・!!みんなで遊んでいるところが見たくなります(笑)

Q2|うさぎさんとの生活で楽しい・嬉しいと感じることを教えてください

それでは続いて、うさぎさんとの性格で楽しかったり、嬉しいと感じることを教えていただけますか?

うさぎさんとの生活は全てにおいて楽しいです!(笑)新しい表情を見せてくれた時やうさぎさんとの距離が縮まった時は心底嬉しいですね^ ^ペットの代表である犬や猫と根本的に違うのはうさぎは草食動物である点です。捕食されると言う本能があるので、なかなか心を開いてくれません。犬や猫と違い自ら撫でてを要求することが少なかったうさぎさんが、どんどん撫でて求めてきたり、警戒心がなくなりお腹を見せてリラックスして眠ってくれる姿を見れた時はとても嬉しいです^ ^またうさぎさんは何事もなく平穏無事な1日を終えることが一番の幸せと聞きます。なのでうさぎさんが毎日健康で過ごしてくれることにささやかな喜びを感じます^ ^うちでは常にチモシーを食べ放題にし、ペレットは活発になる夜に少量与えるようにしています。毎日30分〜1時間のへやんぽタイムで思いっきり走り回ってもらい、ストレスを少なく過ごしてもらえるように心がけています。その甲斐あってか今まで毛玉症や鬱滞にはなったことがなく、毎日立派なうんちを見せてくれてます。日々の健康から見せるツヤツヤな毛並みを撫でるのも毎日の楽しみです。

うさぎさんに注いでいる愛情がよくわかります!それぞれのうさぎさんの可愛いポイントはありますか?

個別のうさぎさんの可愛いポイントですが、ミニウサギのシュガー♂は人見知りの頃とは比べ物にならない程懐こい子になりました(笑)毎日うたっちして撫で撫でを要求してきます。警戒心も最初はとても強かったですが、今ではお腹を見せて一番大胆なポーズでリラックスして眠ってくれます^ ^ホーランドロップイヤーのビター♂は元々懐こい子でしたが、今ではもう飼い主さんにべったりです(笑)へやんぽ中に名前を呼ぶとどんなに離れていても一目散に寄ってきます。頭を撫でると目を閉じてとろーんと甘えてきます。食欲も旺盛でチモシーやペレットをがむしゃらに食べる姿は見ていて元気をもらえます。 ネザーランドドワーフのフェイク♂は子供の頃はとても懐こかったですが、大人になるにつれクールにたくましくなりました^ ^自分から撫でてを要求することは少ないのですが、へやんぽ中体をひねったジャンプを連発し、喜びを表現します。飼い主に甘えるよりも1人遊びが好きなとてもうさぎさんらしい性格の持ち主です。ケージでのクールな姿と、へやんぽ中の無邪気に飛び回る姿もギャップがあってとても可愛いです。 ホーランドロップイヤーのロール♂ですが、ケージの中でもへやんぽ中もぐるぐる走り回る活発な子でした。スプレーがひどい為、去勢手術をしましたが、術後先生が驚くほど回復が早く、手術直後からチモシーをばくばく食べる元気っぷりを発揮しました。術後スプレーはなくなりましたが、元気に走り回る性格はそのままで、元気な姿に癒されてます^_^ ドワーフホトのワルツ♀は未だにケージの扉を開けるとケージの隅に逃げるほど臆病で、うちに来た当初はうさパンチを沢山繰り出すほど警戒心がびんびんでした^ ^最近ではケージの隅に逃げる回数も2回に1回、3回に1回と頻度が少なくなりうさパンチも全くしなくなりました。へやんぽ中に膝の上に乗ってくれるようになったり、撫でても嫌がらず逃げなくなったのは最近の変化で、ツンデレ具合が愛おしいです。 ミニレッキスのデイル♀はミニレッキス特有の撫でて撫でて!の主張がとても強い子です。短毛種のビロードの毛皮はホーランドやネザーランドとまた違った滑らかさでずっと触っていたくなる心地よさです。トイレ以外で粗相しない子になるようにしつけをし、最近は半放し飼いにさせて自由に遊ばせてあげています。ほかのうさぎさんと喧嘩にならないようケージの並べ方には注意しています^ ^<

ありがとうございます、みんな可愛いですね!!

Q3|うさぎさんの飼育等で困った・苦労した経験を教えてください

それでは次に、困ったり、苦労した経験をお聞かせいただけますか?

多頭飼いなので、1匹飼育にくらべると費用や掃除や労力がかかると思います。労力<喜びや幸せが優っていますが(笑)うさぎさんはとてもデリケートで繊細な生き物なので、チモシーの食いつき具合、ペレットの食べる量、うんち、おしっこの状態はとても意識しています。以前実家で飼っていたワンちゃんは屋外飼育で1日2回の散歩があったので、ワンちゃんに比べると屋内で完結するうさぎさんは飼いやすいペットと言えます。 自分が苦労したと言うより、うさぎさん自身を辛い思いにさせてしまい、後悔したことがあります。これはうさぎさん同士の喧嘩による外傷です。基本的に一緒に遊ばせることはうさぎの性質上していないのですが、へやんぽ中のうさぎさんのサークルに誤って別のうさぎさんがジャンプして入ってしまったことがあり大喧嘩に発展しました。子供の頃でしたら縄張り意識もなく無邪気にじゃれ合ううさぎさんでも、立派な大人のうさぎさん同士を一緒にすることはとても危険で以降はより厳重にしています。怪我をしたうさぎさんを思うととても申し訳ないことをしてしまいました。 トイレのしつけも様々で苦労しました。うさぎさん自身は無臭なのですがおしっこはマーキングする為の黄色くて臭いのするものと、透明で無臭のタイプと2種類あります。うさぎさんと生活する上でトイレのしつけは必要不可欠だと思いますが、うちの子達も教える前から出来る子もいれば、なかなか覚えない子もいて、粗相した時の独特の臭いに苦労しました。今では繰り返し教えたことで滅多に外しませんが、気分屋なうさぎさんの性質を考えるといつまた外す子に戻ってもおかしくないなーと少しひやひやしてます(笑)

多頭飼いの飼い主さんならではの経験ですね。参考になります。

Q4|ご自慢のうさぎさんの可愛い仕草やクセを教えてください。

うさぎさん達の可愛い仕草やクセはありますか?

個別のうさぎさんの可愛いポイントですが、ミニウサギのシュガー♂は人見知りの頃とは比べ物にならない程懐こい子になりました(笑)毎日うたっちして撫で撫でを要求してきます。警戒心も最初はとても強かったですが、今ではお腹を見せて一番大胆なポーズでリラックスして眠ってくれます^ ^ホーランドロップイヤーのビター♂は元々懐こい子でしたが、今ではもう飼い主さんにべったりです(笑)へやんぽ中に名前を呼ぶとどんなに離れていても一目散に寄ってきます。頭を撫でると目を閉じてとろーんと甘えてきます。食欲も旺盛でチモシーやペレットをがむしゃらに食べる姿は見ていて元気をもらえます。 ネザーランドドワーフのフェイク♂は子供の頃はとても懐こかったですが、大人になるにつれクールにたくましくなりました^ ^自分から撫でてを要求することは少ないのですが、へやんぽ中体をひねったジャンプを連発し、喜びを表現します。飼い主に甘えるよりも1人遊びが好きなとてもうさぎさんらしい性格の持ち主です。ケージでのクールな姿と、へやんぽ中の無邪気に飛び回る姿もギャップがあってとても可愛いです。 ホーランドロップイヤーのロール♂ですが、ケージの中でもへやんぽ中もぐるぐる走り回る活発な子でした。スプレーがひどい為、去勢手術をしましたが、術後先生が驚くほど回復が早く、手術直後からチモシーをばくばく食べる元気っぷりを発揮しました。術後スプレーはなくなりましたが、元気に走り回る性格はそのままで、元気な姿に癒されてます^_^ ドワーフホトのワルツ♀は未だにケージの扉を開けるとケージの隅に逃げるほど臆病で、うちに来た当初はうさパンチを沢山繰り出すほど警戒心がびんびんでした^ ^最近ではケージの隅に逃げる回数も2回に1回、3回に1回と頻度が少なくなりうさパンチも全くしなくなりました。へやんぽ中に膝の上に乗ってくれるようになったり、撫でても嫌がらず逃げなくなったのは最近の変化で、ツンデレ具合が愛おしいです。 ミニレッキスのデイル♀はミニレッキス特有の撫でて撫でて!の主張がとても強い子です。短毛種のビロードの毛皮はホーランドやネザーランドとまた違った滑らかさでずっと触っていたくなる心地よさです。トイレ以外で粗相しない子になるようにしつけをし、最近は半放し飼いにさせて自由に遊ばせてあげています。ほかのうさぎさんと喧嘩にならないようケージの並べ方には注意しています^ ^

う・・・羨ましすぎる!!多頭飼いならではの良さですね。

Q5|これからうさぎさんを飼おうとしている方に向けてアドバイスをお願いします

それでは最後に、これからうさぎさんを飼おうとしている方に向けて、アドバイスをお願いします。

うさぎさんを飼おうか迷っている方は、まずうさぎさんを見て触れて、その子との生活のイメージが湧くか考えてもらいたいと思います。うさぎさんも性格、種類によってタイプがバラバラです。うちの子達も多種多様あって、それがどの子もとても愛おしいです。犬や猫を飼ったことがある方は大勢いらっしゃると思います。うさぎは犬のように忠誠心を養うには時間がかかる動物だと思いますし、猫のように放し飼いで手間のかからないペットとはまた違う動物です。それ故に、うさぎさんとの関係に変化や信頼が芽生えた時は何物にも代えがたい喜びに変わります^ - ^愛情を与えて育てた分、返してくれる優しい動物で声帯がない分とても豊かな表情や行動でコミニケーションを取ってくれます。縁があって出会い、自分のところに来てくれたうさぎさんには、どこの家庭より幸せを感じてもらいたいと思って家族に迎えています。うさぎさんの本当の魅力は飼って一緒に生活してみないとわからないので、是非一歩踏み出してもらいたいと思います^ ^

インタビューへのご協力ありがとうございました!

おまけ|インタビューに協力してくれたうさぎさんの写真

f:id:DoNbeh_G:20190106210641j:plain

f:id:DoNbeh_G:20190106210737j:plain

f:id:DoNbeh_G:20190106210758j:plain

▼その他のインタビュー記事はこちら▼

▼「うさぎのきもち」の応援クリックをお願いします!▼

にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ情報へ